日々是ダイブ

ここ数日間、グアムの周辺海域の透明度がイマイチです。雨はさほど降っていないのに何故か水の色が青くない。多分それは波、風が六月としては吹いていないので海中が上下にミックスされていない為と思われます。約一ヶ月ぶりに北のダブルリーフに行きましたがやはりここも25m見えるがやっと。ただ、嬉しいことに前回は白化がみられたサンゴ礁が完全に復活していてお花畑状態でした。

Guam’s surrounding waters for the last few weeks have been suffering from lack of clarity(visibility less than 80feet) probably due to windless and waveless days. This means there’s less of vertical mixing in the water column. Two days ago , we visited the “double Reef” up north and the visibility was no better.  One thing that delighted me was the fact that the hard corals that showed bleaching in March had completely recovered and  displayed flowering garden like view.

今日狙ったのはエスペランサ。案の定、いつもの岩陰に3mはありそうなビッグ オオテンジクザメと遭遇。本当はツマグロをお見せするつもりだったがまあいいか。と思いきや次に現れたは水面近くからマルコバンアジの小隊が降って来た。

Today, we dove the Esperanza,  I named this place because it always affords some kind of surprises an d I’m always hopeful.  Today was no different as we encountered a 9 foot sleeping nurse shark and a group of pompanos raining down from near the surface.  更にはお目当のツマグロやアオウミガメと目白押し… 納得のダイビングができました!  It didn’t end there as we were greeted by three blacktop sharks and six green sea turtles. It sure made our day!

 

 

Comment

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。