日々是ダイブ

今朝、ポールズダイビングにお見えのゲストがボートでの体験ダイブをリクエスト。 シェラトンラグーナホテルに移ってからというもの、全ての体験ダイブは当社専用のダイビングプールで練習します。深場は3.5mも有り、充分な耳抜きの確認も出来ます。更にはボートダイビングでは必修のバックロールエントリーも練習が出来るのでいざ、本番と成ってもとてもスムーズに事が運びます。 ブランクの空いてしまったライセンス保有者もここでファンダイブの前にしっかりとリフレッシュできるので安心です。

練習が終わり、ボートベースに着き、桟橋の下を覗くと何と、激レアなパシフィックターポン50cm級がゆったりと泳いでいるのを見つけテンション激アゲ〜! この魚は殆どダイビング中に逢える事は無いがここではバッチリ観察できる。魚の仲間でも相当原始的な部類でコイツは極限まで酸素が不足している水域でも平気です。池の鯉の様に水面に口をだしてパクパクと空気を肺に似た器官に取り込めるからです。今日の撮影は私に取っても初めての経験でした。

Today’s guests requested to try scuba diving for the first time off a boat.  Ever since we moved to our new location at the Sheraton HOrel, we have been utilizing the dive pool prior to going to the open ocean.  The pool is strictly for Paul’s Diving and has a shallow end(4ft) and the deep end which is 12 ft.  By training in the pool,all participants can become comfortable with scuba, even attempting the backroll entry needed for boat diving.  After the training, we proceeded to the Agana boat basin.  Here,  we found a group of Pacific Tarpons(a rarity) underneath the dock.  I believe this is my first time to be able to capture these guys on camera alive.

一本目はラットレッグスでゆっくりと慣らし、2本目はウミガメ狙いのブルーアステール。着いて見るといるはいるは、あちこちに9匹のアオウミガメと1匹のタイマイ。さらにはバラクーダの群れにツマグロ数匹、マダラトビエイとメジロ押し。きっとダイビングが好きに成って頂けたと思います。

First dive was at “rat legs”.  We spent 35 minutes getting everyone totally comfortable in 20 feet of clear water.  After a brief break, we moved on to “blue aster” to look for turtles.  Boy, did we find them! There were nine green sea turtles resting or swimming about. Even a rare hawksbill turtle came to visit us.  The day didn’t end there. A group of barracudas rushed us by and spotted eagle ray gliding amongst a patrolling blacktip sharks.  I didn’t warn the participants about the  sharks simply because I didn’t want them to be overly scared. Contrary to my fears, none of the divers freaked out at the sight of the sharks.  Needless to say,they all were excited and couldn’t stop talking about what they just encountered.

 

Comment

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。