日々是ダイブ

シェラトンラグーナホテルに移転を完了してから早、1カ月が経ちます。やっとショップ内の形も整ってきた感があり思い通り、理想に近いダイビングサービスが展開できそうです。 そんな中、本日のゲストは20年以上お付き合いのある家族ダイバーとライセンス取り立てのビギナーさん。 しかもその方はジュニアオープンウオーターダイバー。お問い合わせの段階で何やら不穏な空気。問い質してみたら前日グアムの某ダイビングサービスで初めてのファンダイブに参加していきなりブルーホールに潜らされ水深40mを超えてしまいガイドではなく別の参加者に助けられたそうな。 日本で講習を受け、ジュニアダイバーの最大深度は12mと教えられていたにも関わらず何と言う無責任なダイビングサービス。余り他社の事は言いたくないが余りにも酷い。命からがらで涙ぐむゲストを目の当たりにして久し振りに憤慨してしまった。 ログブックには水深37mとガイドには記入しろと言われたがダイブコンピューターには40mオーバーが記録されていた。 同じグアムの海でダイビングを生業とする者として恥ずかしい限り。 そのガイドはちゃっかりログブックにサインをしていたので今度会ったらタップリお説教をする所存です。 ダイビングはあくまでも安全で楽しいひと時でなくては!

It’s been over one month since we were given the opportunity to open our dive service within The Sheraton Laguna Hotel.  So far, we have come along quite nicely in setting up our dream dive service here.  Today, however I have to report a very incredulous thing I heard from our guest today. She had just gotten certified as Junior Open Water diver from a reputable dive shop in Japan.  This was going to be her first “fun dive” on Guam.  Her parents had signed her up with “Diveshop X “not knowing their infamous reputation. Yesterday, the first dive was to the “blue hole” Since the dive group consisted of few others who were not beginners,the dive guide took her down to over 40m(140ft). Way below the absolute depth limit for a Junior diver(max 40ft) . This irresponsible dive master didn’t even realize that the girl was experiencing difficulty breathing at such great depth.  She was aided by a another diver and narrowly escaped injury.  She had cancelled her second dive an came to us today.  The divemaster had instructed her to falsely write ;depth 130ft when in fact it was deeper. He had the audacity to sign the log so I know exactly who that dive guide was.  Next time I see him, I will not have kind words for him.  Diving must be safe and fun, not excruciatingly scary. Needless to say, we made sure we stayed shallow today, hoping to improve her image of diving on Guam.

そんなに怖い思いをされても何とかダイビングを嫌いにならない様にと本日は浅めにまったりダイブを心掛けました。

 

Comment

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。