日々是ダイブ

ポールズダイビングは今年2月15日より正式にシェラトンラグーナホテルとテナント契約を結び、新天地での営業を開始致しました。心新たに今まで以上にダイビング道に邁進する所存ですので何卒ご贔屓のほどよろしくお願いします。ショップの雰囲気も一新しご利用し易くなった事と存じます。

さて、本日ご紹介する生物は今日二本目のルナースケープからエキジットしてボート上にて器材をバラしていて見つけましたコノハガニです。 大きさは約1cm。普段水中で見つけるのは困難を極め甲羅の形がハリメダと言う緑色藻類にそっくりです。大抵、偶然的にしか出会えません。当然、私も本日は興奮状態でみっともないくらいだった様です。コノハガニはオスとメスで形がかなり違い面白いです。今日のはメス、甲羅が平たく板状に外側へと張り出します。オスの甲羅は二等辺三角形でツノ先もシャープです。

This is Huenia heraldica.  A very rare and hard to find crab. It’s only about quarter of an inch in size.  It usually camouflages itself among Halimeda (a green calcareous algae) which it mimics splendidly.  This small individual hitchhiked on my BCD jacket and ended up coming onto the boat.  After taking a bunch of pix, I released it back to the water. With its superb mimicry, it shall return safely to the bottom of the sea.  One thing that’s strange about these critters is that the males and females look quite different.  This one in the photo is a female with a very broad carapace.  The males have a pointed nose and a more slender body.

今日は更にオレンジフィンクマノミの卵を見つけ良く見ると既に内部に眼が発達し銀色に光っています。あと数日もすると一斉に殻を破り敵だらけの海中へと旅立つ事でしょう。  We also found ready to hatch orangefin anemonefish eggs nestled next to a large sea anemone. Note the shining eyes in each of the eggsacs.

They will probably venture out to the big wide world in a few days en masse.

Comment

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。